content-genre.php

澄んだスープの印象が強いおでんですが、静岡おでんは濃い口しょうゆをベースにした真っ黒い出汁が特徴的です。タネには他の地域でもお馴染みの食材が使用されますが、一つ一つが串で打たれていることも静岡おでん特有のルックスになっています。濃い味付けに見えますが、口に運んでみると食べやすく、親しみを感じられる味わい。そのままでも勿論おいしく食べられますが、青のりや味噌、辛子をトッピングするのも通好みの作法です。地元では飲み屋以外でも見かけることが多い静岡おでんを、骨の髄まで堪能できる優良店だけを集めました。

静岡のご当地グルメ「おでん」についてのコラム

ここが他と違う!静岡おでんの特徴

静岡の名物グルメ「おでん」

だしの色は「真っ黒」

おでんと言えば、薄めで透明感のある黄金色のだしを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。静岡のおでんの最大の特徴とも言えるのが、そのだしの色です。静岡のおでんのだしの色は、真っ黒。これは味付けに濃口醤油を使っていること、牛すじからだしをとることによって黒い色になるそうです。初めて静岡のおでんを食べる方は、その真っ黒なだしに驚く方もいるそうですが、見た目ほど味が濃い!というわけではないようです。

静岡の名物グルメ「おでん」

あるものをかけるのが定番の食べ方!?

静岡のおでんは、具材が串に刺されているのも特徴です。串に刺しているおでんをお皿にとり、あるものをかけていただくのが定番の食べ方です。それは、「だし粉」と「青海苔」。だし粉とは、魚の削り節を作る時にでた細かい粉末を集めたもので、香りの良さがプラスされます。このだし粉と青海苔の他にも、味噌をつけたり、他の地域と同様にからしをつけて食べることもあるそうです。

自宅で手軽に食べられる静岡おでんのセットはこちら

静岡の名物グルメ「おでん」

静岡おでん2種お試しセット

こちらは、2種類の静岡おでんのセットです。静岡のおでんフェスタで優勝したことのあるお店のおでんで、静岡の方にも人気のある本場のおでんが手軽に食べられます。だし汁がたっぷりと入っているので、セットの他にお好きな具を追加して楽しむこともできますよ。

content-excerpt-ancestors.php

静岡県の名物グルメ

静岡県における観光の王様と言えば富士山であり、三保松原や日本平といった富士山を一望できる有名スポットもズラリと並びます。東部には著名な温泉地も多く、近隣県に住む人々からも人気です。自然にも恵まれた静岡県で栄えた、独自のご当地グルメをまとめて紹介します。

content-excerpt-ancestors.php

静岡の名物グルメ

富士山のお膝元にある静岡市には多くの景勝地があり、地元民と観光客の両面から支持される名所や商業施設が点在しています。海と山の双方から恵みを受け取る静岡市のご当地グルメを紹介し、静岡市を丸ごと食べられるような料理を揃えた地元の名店をお伝えしていきます。