content-genre.php

名古屋伝統の八丁味噌をベースにしたタレを熱々のとんかつにかけて食べる味噌カツは、数多くの名古屋めしの中で最も有名なご当地グルメと言っても過言ではありません。辛そうな見た目ですが甘みが利き、まろやかな味わいすら感じられる仕上がりで、日本全国で熱烈なファンを続々と生み出しています。全国展開する有名店の本店も名古屋に集結していますが、現地にしかないお店を選び、個性的な独自のタレを使った味噌カツを味わえるのは名古屋滞在時の特権です。それぞれのお店が持つ特徴とメニューに目を通し、お気に入りの店舗を見つけましょう。

名古屋のご当地グルメ「味噌カツ」についてのコラム

名古屋ご当地グルメの代表・味噌カツのルーツ

様々な名古屋のご当地グルメに使われる赤味噌を用いて作る、甘辛い味付けの味噌だれでいただく「味噌カツ」。その発祥には諸説ありますが、今回はその中の2つをご紹介します。まず1つ目は、とんかつを誤って名古屋名物である土手煮の中に落としたという説です。土手煮も濃厚な味噌で味付けをした料理ですが、これがとんかつと予想外によく合い、メニューになったと言われています。また、2つ目は、居酒屋で串カツを別添えの味噌だれにつけて食べるお客さんがいたことからヒントを得て、メニューになったという説です。いろんな説がありますが、名古屋地方の伝統的な味噌文化にルーツがあるようです。次第に、より洋食風のソースに近い味噌だれが作られるようにもなりました。現在の味噌カツでは、比較的さらっとした口当たりの屋台風の味噌だれ、どろっと濃厚な洋食風の味噌だれの2種類に大きく分類されるそうです。名古屋で味噌カツを食べる際には、どちらの味噌だれが使われているのか、じっくりと味わってみてください。

味噌カツはこんな楽しみ方が!

そもそも「味噌カツ」とは、赤味噌だれととんかつが合体した料理のことをいいます。そのままお皿で提供される味噌カツをはじめ、最後まで熱々をいただける鉄板味噌カツや、たっぷりのご飯とともにいただく味噌カツ丼、宴会などでもつまんで食べやすい味噌串カツなど、バリエーションが豊富です。とんかつの部位はロースやヒレが使われることが多く、ジューシーさ、柔らかさなどお好みに合わせて選ぶこともできます。また、トッピングのメニューがあるお店では、たっぷりの千切りキャベツ、からし、マヨネーズ、もみじおろし、いりごまなどが用意されているそうです。トッピングを加えると、より豊かな味わいが楽しめます。

content-excerpt-ancestors.php

愛知県の名物グルメ

東京と大阪の中間にある愛知県は、交通網も発達し、観光と出張の両方が多い県です。名古屋城に代表される歴史的な観光地から、レゴランドなど最新の施設まで揃う愛知県。この魅力的な地を訪れる際には是非とも食べておきたい、愛知県内各地のご当地グルメを集めました。

content-excerpt-ancestors.php

名古屋の名物グルメ

名古屋めしと呼ばれる名古屋のご当地グルメ。濃い味付けの料理が多く、お酒のアテにもごはんのお供にも相性抜群です。地元で知られるご当地グルメの名店を始め、お酒も一緒に楽しめる居酒屋まで、お店の情報と共にご当地グルメをより楽しめる豆知識も合わせてご紹介します。