content-genre.php

福岡は餃子が美味しい街としても認知されています。この地域の餃子の特徴は、皮と中身のバランスを重視し、小ぶりの大きさに仕上げていること。閉じ込められた旨味を、熱々のまま一口で感じることができます。豚肉や牛肉のほかに玉ねぎ、ニンニクといったお馴染みの食材がベースになり、福岡らしい柚子胡椒を効かせた味わいや、豚骨スープを使って焼き上げられた餃子を楽しめるのは本場だけです。鉄鍋に乗せて提供される焼き餃子のみならず、プリプリの水餃子も絶品そのもの。ご飯とビールのどちらにも合う、二刀流ご当地グルメの名店をご紹介します。

福岡のご当地グルメ「博多餃子」についてのコラム

博多餃子の発祥は「屋台」

福岡と言えば、ご当地グルメの宝庫の地。ラーメンやちゃんぽん、博多うどん、もつ鍋、焼き鳥、餃子…思い浮かべるだけでも、お腹が空いてしまいそうな数々のグルメがあります。そんな中で、一口餃子とも呼ばれている「博多餃子」は、屋台から歴史が始まったと言われています。
福岡では、屋台文化もまた全国的に有名ですね。夕方になると、数多くの屋台が並び、活気溢れる福岡の夜を楽しめます。博多餃子は、1940年後半ごろにこの屋台で餃子を提供したことから始まったという説があります。屋台でも焼きやすく、提供しやすく、食べやすいということから一口サイズになったのでしょうか。この食べやすい一口サイズが博多で広まり、現在はご当地グルメと呼ばれるほどになりました。

博多餃子はあっさり食べられる

餃子は、福岡以外の都道府県でも親しまれている食べ物です。そんな餃子の「タレ」は、全国各地で異なっているのをご存知でしょうか?
あっさりと柚子胡椒をつけていただくのが、博多流。柚子胡椒を酢タレやポン酢にといていただきます。博多の餃子は一口サイズですし、あっさりと食べられることからも、人気が広まったのかもしれません。

自宅で博多餃子を食べてみよう

福岡の名物グルメ「博多餃子」

博多一風堂 博多ひとくち餃子

餃子は家庭でも手作りすることができます。一度、本場の味を試してみれば、そのジューシーさやサイズ感などが再現しやすくなるかもしれません!博多発祥のお店の本格一口餃子は、こちらがオススメです。

content-excerpt-ancestors.php

福岡県の名物グルメ

九州最大の都市・福岡県。太宰府天満宮に代表される観光名所のほか、ユネスコ世界遺産も携え、近年は福岡ドームなどのレジャー産業でも発展し、中州を中心に独自の食文化も形成させています。そんな福岡県で味わえるご当地グルメの数々を厳選し、じっくりとご紹介します。

content-excerpt-ancestors.php

福岡の名物グルメ

福岡市には、県を代表する繁華街の天神や中州といったエリアが属しており、中でも福岡タワーを擁するシーサイドももちには全国からの観光客が集まっています。HKT48劇場などエンターテイメント分野でも盛り上がりを見せる福岡市のご当地グルメの世界を、詳しくご紹介します。