content-genre.php

福岡屈指のご当地グルメである「もつ鍋」は、1960年頃からは既に地元でお馴染みの郷土料理でした。カツオなどから取った出汁をベースに味噌で味付けしたスープを作り、牛もつを柔らかく煮込んで食べる絶品で、お食事としてだけでなくお酒のつまみとしても人気です。こってりした料理と見なされることも多いもつ鍋ですが、実は低カロリーで栄養が多く、おまけにコラーゲンも豊富という女性に向いた料理でもあり、これも全国で人気に火が点いた理由の一つ。発祥の地・福岡でしか食べられない、臭みが無くプリプリしたもつを扱う専門店をご紹介します。

福岡のご当地グルメ「もつ鍋」についてのコラム

福岡で食べるもつ鍋の通な楽しみ方

数種類からスープを選ぶ

もつ鍋が食べられるお店によっては、数種類の味のスープが用意されていることも少なくありません。昆布やカツオの旨味がぎゅっと詰まった醤油スープや、コクのあるこってりとした味わいの味噌スープ、素材の味を楽しみながらあっさりと食べられる塩味などがメジャーです。ほかに焼き鳥や揚げ物などボリュームのあるものを食べる時にはあっさりめの塩、もつ鍋をメインに楽しむという時には醤油や味噌など、その時々に合わせて味を変えて食べてみると、さまざまなパターンのもつ鍋が楽しめます。

もつ鍋の〆にはちゃんぽん麺!

福岡・博多でもつ鍋を食べるなら、〆には博多ならではのちゃんぽん麺がイチオシです。もつ鍋の〆にちゃんぽん麺を入れるようになったのは、2階建の建物に入っているあるもつ鍋のお店が、同じ建物の1階にある中華屋さんの麺を借りてみたことが始まりだという説があります。
ひょんなことから生まれた〆のちゃんぽん麺ですが、旨味たっぷりのもつ鍋のスープが太めで柔らかいちゃんぽん麺によく絡み、スープを余すことなく最後までおいしくいただくことができます。

本場のもつ鍋のお取り寄せはいかがですか

福岡の名物グルメ「もつ鍋」

博多芳々亭 国産牛もつ鍋セット(2~3人前)

博多のもつ鍋を自宅で楽しめるセットもあります。こちらは醤油、味噌、塩の3種類の味があるので、食べて比べてみるのも楽しそうです! 自宅ならではの楽しみ方で、鍋の具材をアレンジするのもいいですね。福岡で食べるもつ鍋はニラ、キャベツなどが定番ですが、白菜やごぼうもよく合います。変わり種の具材では、トマトやウインナーなどもオススメです。

content-excerpt-ancestors.php

福岡県の名物グルメ

九州最大の都市・福岡県。太宰府天満宮に代表される観光名所のほか、ユネスコ世界遺産も携え、近年は福岡ドームなどのレジャー産業でも発展し、中州を中心に独自の食文化も形成させています。そんな福岡県で味わえるご当地グルメの数々を厳選し、じっくりとご紹介します。

content-excerpt-ancestors.php

福岡の名物グルメ

福岡市には、県を代表する繁華街の天神や中州といったエリアが属しており、中でも福岡タワーを擁するシーサイドももちには全国からの観光客が集まっています。HKT48劇場などエンターテイメント分野でも盛り上がりを見せる福岡市のご当地グルメの世界を、詳しくご紹介します。